ピルと言えば妊娠を防ぐ薬として有名ですが、実際にどのような効果・副作用があるかご存知ですか?万が一の時に適切な対応ができるよう当サイトで基礎知識をご紹介いたします。

ピルの休薬期間やカッター分割について

ピルを使って避妊を検討している場合、どんな風に利用するのか知りたいと思うのではないでしょうか。薬の一種なので、処方は一か月分が一つのシートになっています。21錠のタイプと28錠のタイプがあって、どちらも21錠分は効果のある実薬で、28錠タイプの残り7錠に関しては休薬期間に飲む分になっています。28錠の方は継続して飲み続けることで次のシートに移行するまでの飲み忘れを防ぎやすいようになっていますが、この期間の分は偽薬となっているので特に何かの効果が薬に含まれているわけではありません。きちんと正しく服用が続けられるのであれば、21錠タイプで休薬期間は服用をせずに過ごしてもいいのです。

最近は錠剤用のカッターもありますが、ピルに関しては基本的には分割して飲むという事はありません。一日一錠を決めた時間に飲み続けていくことで避妊効果が出てくるのです。ただし、吐き気等の症状が余りに酷い場合には、カッターなどを使って半分に割った上で服用する分割投与もなくはないのですが、この場合は避妊効果が不確実になりますので、他の避妊方法を併用する必要があります。そうなるとピルを服用している意味がなくなってしまうので、やはりカッターを利用して分割する服用方法はしない方がいいでしょう。

ピルの服用は、実薬を飲む期間の21日間と、偽薬または何も飲まない休薬期間の7日間を一つのサイクルとして構成されています。シートを見ればそのように出来ていますので、21錠タイプまたは28錠タイプの好きな方を選んで利用しましょう。最初のうちは飲み忘れを防ぐために、28錠タイプにしておけば休薬期間も飲み続けていきますので、安心して服用を続けていけます。