ピルと言えば妊娠を防ぐ薬として有名ですが、実際にどのような効果・副作用があるかご存知ですか?万が一の時に適切な対応ができるよう当サイトで基礎知識をご紹介いたします。

ピルを処方してもらう際の金額とは

近頃の傾向として、避妊方法の一つとして男性のコンドームだけでなく、女性が服用するピルも知られるようになっています。ピルのよいところは、女性が自分自身で行うことができ、さらにはほぼ完璧に近い確率で避妊に成功できることでしょう。しかし、海外とは異なり、それほど日本では認知度が高くなかったことから、今まではあまり使用されたりしないものでした。今は違います。
今は若い人から少し年を重ねた年代の人まで幅広く服用するようになっています。ですから、毎日の性生活も安心して送ることができるようになっているのです。
ピルの入手の方法ですが、まずは産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうというのが一番いいでしょう。持病があったり、ほかに薬を飲んでいる人では医師に相談してから服用したほうが安心です。医療機関で処方してもらうときには、受診料もかかるので、その分割高になったりします。1か月分の1シートで平均的には3000円程度の金額が相場です。これは数か月分まとめて出してもらうことができるので、最初は医療機関ですすめられたものを服用するのがベストです。
しかし、ほかにも入手の方法があります。それが海外からの個人輸入による通販サイトの利用です。こちらはかなり金額を抑えることができるのでとても便利です。医療機関で処方してもらうよりも半値程度の金額で済んだりすることもあるのです。サイトを比較しながら、安心、確実なところで注文をして届けてもらうようにするといいでしょう。
また、低用量のピルのほかにも緊急用の中用量のピルも入手できるので、いざというときには、そういった薬に頼るのも一つの方法なのです。検討してみることをおすすめします。