ピルと言えば妊娠を防ぐ薬として有名ですが、実際にどのような効果・副作用があるかご存知ですか?万が一の時に適切な対応ができるよう当サイトで基礎知識をご紹介いたします。

生理異常にピルと大豆を!プエラリアの比較

子供を産める年齢の女性であると、生理が毎月やってくるのが普通です。生理は自然な身体の働きですが、大変デリケートな存在であり、ちょっとしたことで生理の異常があらわれることがあります。
生理が全く来なくなることを、無月経と呼びます。無月経は閉経の近い年齢の女性以外であれば、生殖機能の異常を考慮する必要があります。無月経の状態とは逆に、生理が10日以上もだらだらと続く場合も心配になるところです。
このような生理の異常で多いのが、女性ホルモンの分泌量の異常です。その他の原因としては、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなどが疑われます。女性ホルモンの分泌が少ないのが原因であれば、ピルを使った治療法が行われます。
低用量ピルと呼ばれるもので、避妊用としても使われることが多々あるものです。低用量ピルには避妊だけでなく、生理不順や肌荒れなどの改善にも役立つ機能を持っています。
低用量ピルで女性ホルモンを補充してやることで、これらの異常を治療するというやり方ですので、日常生活でも女性ホルモンの働きを促してあげるのが、生理の異常の予防になります。
市販のものとして、女性ホルモンの働きによく似た成分の商品が販売されています。イソフラボンがそのよい例で、この成分は大豆製品に多く含まれています。大豆製品と比較して、さらに多くのイソフラボンが含まれているのが、プエラリアという植物です。プエラリアは大豆と比較すると、約40倍ものイソフラボンが含まれているとされています。
プエラリアはサプリメントとしてたくさんの商品が売られていますので、よく比較して好みの商品を利用し、女性ホルモンの働きを促してあげると、女性らしい健康的な毎日を送れます。